読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粗大メモ置き場

個人用,たまーに来訪者を意識する雑記メモ

はじめてのBeamer (Texから即席スライド作るよ)

メモ メモ-tex

気まぐれでBeamer入れて1人満足したのでこれもまた備忘録にシュー!!!

Beamerとは

プレゼン資料をTexから生成することが出来るツール
通常,資料はtexで作るから手っ取り早くそこそこ整った体裁のプレゼン資料が作れるのが売り。

f:id:ossyaritoori:20160216161507p:plain

まずはインストール

比較的新しい Tex Liveなどを入れている方はもうすでに入っているらしいです。
私はWinTex32を使っているので入っていませんでした。

TeX---Beamer

このページの誘導に従って
latex-beamer-3.07.tar.gz をダウンロードし,解凍して texmf-local/tex/latex/beamer に置きましょう。

サンプルコードもそのまま使えばそこそこ満足行く結果が出るんじゃないかと思います。
ちょっとした発表資料などを作りたい時などに威力を発揮するのかもしれないししないのかもしれない。

書式やテンプレについて

まだよくわかりません!w

とりあえず普通のtexと違う所としては
\begin{frame}と\end{frame}で囲んだ一塊が1ページ分の内容になる
って所さえ抑えておけば適当でもそれっぽいスライドを作成できるようになると思います。


大いに参考にした場所。
平野研究室ホームページ
xaro.hatenablog.jp
Beamer — Tasuku Soma's webpage



以下いろんなところからコピって持ってきたサンプルテンプレート。
冒頭のような出力になるはず。

\documentclass[dvipdfmx]{beamer}
\AtBeginDvi{\special{pdf:tounicode 90ms-RKSJ-UCS2}}
\usetheme{Warsaw}
\usefonttheme{professionalfonts}
\usepackage{txfonts} % TXフォント
\usepackage{pxjahyper} % PDF目次文字化け回避(platexでは不要)
\renewcommand{\familydefault}{\sfdefault}  % 英文をサンセリフ体に
\renewcommand{\kanjifamilydefault}{\gtdefault}  % 日本語をゴシック体に

\title{Beamerいれてみた}
\author{Author}
\institute[所属]{Ossyaritoori}
\date{\today}

% Babel (日本語の場合のみ・英語の場合は不要)
\uselanguage{japanese}
\languagepath{japanese}
\deftranslation[to=japanese]{Theorem}{定理}
\deftranslation[to=japanese]{Lemma}{補題}
\deftranslation[to=japanese]{Example}{例}
\deftranslation[to=japanese]{Examples}{例}
\deftranslation[to=japanese]{Definition}{定義}
\deftranslation[to=japanese]{Definitions}{定義}
\deftranslation[to=japanese]{Problem}{問題}
\deftranslation[to=japanese]{Solution}{解}
\deftranslation[to=japanese]{Fact}{事実}
\deftranslation[to=japanese]{Proof}{証明}
\def\proofname{証明}



\begin{document}
\begin{frame}[plain]\frametitle{}
	\titlepage %表紙
\end{frame}

\begin{frame}\frametitle{Contents}
	\tableofcontents %目次
\end{frame}

\section{何故Beamerを使うのか?}
\begin{frame}\frametitle{PowerPointじゃだめなの?}
	\begin{alertblock}{PowerPointの問題点}
		\begin{itemize}
			\item PowerPointのバージョン・OSに依存する 
			\item PowerPointは有料
			\item 数式が(相当がんばらないと)汚い 
		\end{itemize}
	\end{alertblock}
\end{frame}

\begin{frame}\frametitle{何故Beamerを使うのか?}
	\begin{block}{Beamerのよいところ}
		\begin{itemize}
			\item 論文・レジメの再利用が容易 
			\item レイアウトの微調整は\LaTeX に任せることができる 
			\item 数式がきれい 
		\end{itemize}
	\end{block}
	
	\begin{exampleblock}{数式の例} 
		\begin{equation*}
		\frac{\pi}{2} =\left( \int_{0}^{\infty} \frac{\sin x}{\sqrt{x}} dx \right)^2 =\sum_{k=0}^{\infty} \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1} 
		=\prod_{k=1}^{\infty} \frac{4k^2}{4k^2 - 1}
		\end{equation*}
	\end{exampleblock}
\end{frame}


\section{具体例}

\begin{frame}\frametitle{定理環境の例}
	\begin{theorem}[Fermat]
		$a^{p-1} \equiv 1 \pmod{p}$
	\end{theorem}
	\pause
	\begin{theorem}[Wilson]
		\begin{equation}
		(p-1)! \equiv 1 \pmod{p}
		\end{equation}
	\end{theorem}
\end{frame}

\begin{frame}<1-2>\frametitle{オーバーレイ}
	\onslide*<1>{
		\Large{これは1枚目です}
	}
	\onslide*<2>{
		これは2枚目です
		\begin{theorem}[Euclid]
			There is no largest prime number.
		\end{theorem}
	}
\end{frame}

\begin{frame}\frametitle{色もつけれるよ}
	{\color{red} red}(\alert{alert}),
	{\color{blue} blue}(\structure{structure}),
	{\color{green} green},
	{\color{cyan} cyan},
	{\color{magenta} magenta},
	{\color{yellow} yellow},
	{\color{black} black},
	{\color{darkgray} darkgray},
	{\color{gray} gray},
	{\color{lightgray} lightgray},
	{\color{orange} orange},
	{\color{violet} violet},
	{\color{purple} purple},
	{\color{brown} brown},
\end{frame}

\begin{frame}\frametitle{いろんなブロック}
	\begin{block}{ブロック}
		これは普通のブロックです
	\end{block}
	
	\begin{alertblock}{警告ブロック}
		警告!これは警告ブロックだ!
	\end{alertblock}
	
	\begin{exampleblock}{例ブロック}
		例えば、こんなブロックです。
	\end{exampleblock}
\end{frame}

\begin{frame}<1-2>\frametitle{画像も貼れるよ}
	\onslide*<1>{
		このように画像を貼れるよ
		%\begin{figure}[htb]
		%\centering
		%\includegraphics[width=12cm,clip]{dummygraph.pdf}
		%\caption{$f(x)=e^{-\frac{x}{10}}\sin(x)$}
		%\end{figure}%
	}
	\onslide*<2>{
		画像や表は各自用意してね
		%\begin{figure}[htb]
		%\centering
		%\includegraphics[width=8cm,clip]{sym4.pdf}
		%\caption{Cayley graph of $\mathfrak{S}_{4}$}
		%\end{figure}%
	}
\end{frame}

\begin{frame}\frametitle{まとめ}
	\LARGE{大事なのは中身です!}
\end{frame}

\begin{frame}\frametitle{}
	{\Large ありがとうございました}
\end{frame}
\appendix

\newcounter{finalframe}
\setcounter{finalframe}{\value{framenumber}}

\begin{frame}[containsverbatim]\frametitle{dvipngの使い方(1)}
	\begin{block}{この様なファイルを用意する}
		\tiny{
			\begin{verbatim*}
			\documentclass[43pt]{jsarticle}
			\usepackage{amsmath}
			\usepackage{lmodern}
			\pagestyle{empty}
			\begin{document}
			\begin{equation*}
			\sum_{k=0}^{\infty} \frac{(2k)!}{2^{2k}(k!)^2} \frac{1}{2k+1}=\frac{\pi}{2} 
			\end{equation*}
			\end{document}
			\end{verbatim*}
		}
	\end{block}
\end{frame}

\begin{frame}[containsverbatim]\frametitle{dvipngの使い方(2)}
	\begin{block}{使い方(コマンドライン)}
		\scriptsize{
			\begin{verbatim*}
			latex dvipng-sample.tex
			dvipng dvipng-sample.dvi -T tight -bd 1000
			\end{verbatim*}
		}
	\end{block}
\end{frame}


\end{document}