粗大メモ置き場

個人用,たまーに来訪者を意識する雑記メモ

Anacondaとspyderでwindows上にPython環境構築

Pythonは無料で使える上に有志がたくさんパッケージを作ってくれていて,
非常にPopularな手段になりつつあるのですが,依存関係やパッケージの管理が面倒です。

Anaconda

Anacondaが楽と聞いたので以下を参考にセットアップしました。
http://qiita.com/t2y/items/2a3eb58103e85d8064b6

Anaconda とは

「Anaconda はデータサイエンス向けに一連のパッケージ群を含むディストリビューションですが、一方で Python と conda のみを最小構成でインストールすることもできます。その最小構成のディストリビューションを Miniconda と呼んでいます。」

なるほど~。

インストー

公式サイトからAnacondaの3.x系の64bitインストーラーを入れます。
https://www.continuum.io/downloads
ここからexeをダウンロードして実行すれば完了です。

大体10分弱かかるかと思います。

動作確認

適当なところでコマンドプロンプトを起動して,以下のようにAnacondaについて説明が出れば完了です。
f:id:ossyaritoori:20170523230721p:plain

なんか32bitって出てるけどこれはいいのかしら?

numpyの確認

試しに

import numpy
numpy.__file__

と実行してみてAnaconda以下のパッケージが参照されていれば完了です。
なんて簡単なんだ。

Matlab ライクなエディタ spyderを導入

Pythonを少し触って困ったのが定義した変数を簡単に確認できないこと。
matlabライクなコンソールを出してくれるspyderというのがあるということで導入しました。


こんな感じ。
f:id:ossyaritoori:20170524220154p:plain

おそらくanacondaを使えばデフォルトで入っているはずです。

私は以下のページからダウンロード&解凍をしちゃったんですが無いときはこちらで。
spyder-ide / spyderlib / Downloads — Bitbucket

pipなどでもダウンロード可なようです。

変数として定義したxやnumpyで作ったarray?も見えています。figureハンドルは見えなかったけどね…
f:id:ossyaritoori:20170524221025p:plain

参考文献

参考にさせていただいたサイトです。
親matlab派に向けたpythonでのデータ解析入門 | Advanced Technology Lab