粗大メモ置き場

個人用,たまーに来訪者を意識する雑記メモ

Netlify CMS+Hugo+Githubで個人用のメモサイトを管理する

完成度は30%というところでしょうか。

目的

2019年夏現在の要望としては個人用の雑記やメモなどの文章を保管,管理できるようにしたいというのがあります。 より具体的にやりたいことを書いていくと,

  • ローカル環境(オフライン)で記事を編集,閲覧できる
  • 記事の検索などの機能が利用できる
  • Markdownで楽に書く
  • 初期設定が楽だと良い
  • (将来的には独自ドメインで運営?)

と言ったところです。

論文感想や教科書読んだ時のちょっとしたメモ,プログラミングのメモなど小ネタ等を書いてまとめるなくさないオンラインノートがほしいといったところでしょうか。

候補比較

すでにいくつか候補が上がっており,他の方も色々と考察してくれています。

各自いろんな基準を設けているようですが,以下の方の記述に非常に共感しました。

メモアプリを本気で選んでみた - Qiita

はてなブログやQiitaなどのブログサービス

  • 作成も管理も楽。
  • ローカル環境に記事が残らないのがややネック

Google Keep

  • Googleアカウントに紐ついたメモ帳。
  • すぐ使える。タグやアーカイブ,検索機能もある。
  • テキストしか書けず,高級な表現ができない。

スマホなどの小型端末から簡易的にアクセスするなら断然こっち

Dropbox paper

  • Wordに似た書き味だが,Markdownと制御文字が被っていてかなり良い感じ
  • 2019年8月現在 Dropboxとストレージが別になっているのもGood
  • この手のサービスは改悪されたりするので正直怖い面もある
  • ローカルからファイルに直接アクセスできない?

f:id:ossyaritoori:20190806220912p:plain
文章はこの様にきれいに書ける

正直GoogleDocumentもあまりうまく使えていないので二の舞になりそうではある。

Inkdrop

評判が良いが有料サービスなので整理が苦手な自分的には避けたい。StackEditに定期課金した500円がどうなったのか把握してないくらいなので… ハッカー向けノートアプリ「Inkdrop」は最高に使いやすいメモ帳ツールだった | Web Design Trends

メモ環境考察まとめ

  • 記事を公開してFBが欲しいならはてなかQiita
  • モバイル環境と連携した細かなメモならGoogleKeep
  • DropboxPaper,GoogleDocumentは良いところもあるがハマる使い所がわからない

手元にない欠陥を埋めるならば,ローカルに記事を保管しつつオンラインで閲覧,編集ができるサイト運営がしたい。

Netlify CMSで個人メモ環境を作る①

正直良くわかっていないのでざっくりと書くと,

  • ローカルでリポジトリ上のファイルを作成・編集し
  • Githubでバージョンを管理
  • Netlifyというサービスで静的サイトへと変換

という事になっているみたいです。

必要な準備

巷ではHugoという静的サイトをコンパイルする?ソフトを入れるという説明が多いですが,Netlify上で動かす分には自前で用意しなくても大丈夫です。

  • Github等のアカウントを作成(というか基本操作がわかっている前提)
  • Netlifyのアカウントを作成(Github等との連携)

Minimum Setup

以下のブログに従えば最小限の手間でサイトを作成できます。とりあえず試したいひとは適当なリポジトリを作って試すと良いです。 ottan.xyz

基本操作

Githubから編集する以外にも作成されたブログのアドレスの下に/adminを入れると管理画面に飛び,そこから編集を行うことができます。当然Githubに編集は反映されます。

ブラウザ,エディタの双方から編集できるので使用感は結構良い感じです。

カスタマイズ:不要な箇所を削除

デフォルトだとまんまKALDIのサイトになっているので見た目を気にするならば気になる所を削除します。これは後に追記します。

Hugoのテンプレから作成する②

上記の手順だとどうしても他のテーマで記事を作成したくなりました。

本来まともにやるならHugoでローカルでレイアウトを自分なりに編集しつつNetlifyにホスティングしてもらうという手順が良さそうですが今回はより簡単に済ませてしまおうと思います。

↓ちゃんとやっている例 https://blog.mismithportfolio.com/web/hugo-netlify-build

今回はこちらの記事を参考に進めていきます。 gomagaru.hatenablog.com

Hugoのテンプレからテーマを決める

以下のHugoのテーマ集から好きなテーマを選択してCloneないしzipでダウンロードしてきます。 themes.gohugo.io

私は検索機能を重視したかったのでDocDockというテーマにしました。Academicというテーマも良さそうです。

github.com

このリポジトリの内容を自分のリポジトリにforkあるいはコピーします。一応ライセンス条項的には違反してないですがこの辺のマナーはよくわかりませんので詳しい人が居たらご教授願います。

Netlifyでホスティング

このままだとただのGithubリポジトリになるので,Netlifyのページに行って,New Site from Gitを押して先程編集したリポジトリを選択します。 f:id:ossyaritoori:20190806223745p:plain

その後しばらくしたら見れるようになっているはずです。

f:id:ossyaritoori:20190806223919p:plain
右上の顔になっている辺りをClickするかURLを入力すればOK

その後,作成されたブログのURLが表示されるので,

/をつけることを忘れずに。

詳細は以下のページを参考にすると良いでしょう。今回やってみた所ビルドのコマンド等は勝手に決めてくれました。 Hugoで作成したページをNetlifyでホスティングする - Miki's Blog

Netlify CMSを導入

このままだとURLの下に/adminを入れても管理画面に飛びません。次にまた同じ方の記事をなぞってやっていきます。

gomagaru.hatenablog.com

上の記事の

  • Github連携
  • Netlify連携
  • adminフォルダ作成

を済ませます。

static/admin/config.ymlの編集

config.ymlは今後もいじりそうなので個別に項目を設けます。

テーマに沿った編集

ここからはdocdockを前提とした話を書きます。

Mypageフォルダを作成

このテーマでは左にmenubarの様にファイルを表示できます。

これは内部的にはフォルダで管理されています。

構成的には

-フォルダ
   |- _index.md
   |- その他の.mdファイル

となっており,_index.mdは以下の記述を文頭に持つ必要があります。

+++
title = "My Page"
description = ""
date = "2019-08-05T18:43:24+02:00"
creatordisplayname = "Yourname"
creatoremail = "yourmail@gmail.com"
lastmodifierdisplayname = "Yourname"
lastmodifieremail = "yourmail@gmail.com"
tags = ["tag1","tag2"]
weight = 10
pre ="<i class='fa fa-edit' ></i> "
+++
  • title:左のmenubarに出てくる名前
  • weight:字の大きさ?

titleを変更してmenuバーの表記を変えることだけ覚えていればとりあえずは良さそうです。

数式を入力可能にする

そのままではMathJaxが有効になっていないので,数式が打てません。 以下の記述をページに読み込んでmathjaxを使えるようにします。

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/mathjax/2.7.4/MathJax.js?config=TeX-AMS-MML_HTMLorMML"></script>

ヘッタやフッタのテンプレートに潜り込ませるのが良いらしいのでlayout/partial/menu-footer.htmlに追加しました。

maku77.github.io

この時点でひとまずサイトとしては動きますが気力があれば続きます。

微小回転に関する覚書:微小回転行列近似 VS クォータニオン

メモです。余裕のあるときに後でリファインします。

前提

座標系が角速度  \omega = (r,p,y)^\topで回転しているとする。

微小回転行列

本来三次元回転SO3は非可換であるが,微小回転を考えればこれを可換にすることができる。1

先程の角速度で微小回転行列というものが考えられており,  \omega \Delta t = (\alpha,\beta,\gamma)^\top とすれば以下のような回転行列で表せる。

f:id:ossyaritoori:20190719013841p:plain

これは以下に示すcross product表記を用いれば, R= \omega\Delta t_{ \times }+eyeと表すことができる。

f:id:ossyaritoori:20190719014129p:plain
wikipediaより引用:歪対称行列

クォータニオンによる角速度の積分

クォータニオン便利計算ノートによればクォータニオンによる積分は以下の通り。

f:id:ossyaritoori:20190719014911p:plain
一番下の式には1/2が入っていないと思う。見落としがなければ。

先程のcross productを用いて表すなら,

$$ \dot{q}=\frac{1}{2} \begin{pmatrix} 0 & -\omega^\top\\ \omega & \omega_{\times} \end{pmatrix} q $$

と書いたほうがスッキリするだろう。

MATLABで比較プログラム

P.I.corke先生のRobotics Tool boxを使用。課金できる方は自前でToolboxを買うと良い。 なお,2019年以降に東大に在籍している学生は無料で全ライセンス使えるのでぜひ活用するとよい。

petercorke.com

昔は全機能使えたと思ったのですが今入れたらいくつかの機能が削除されていたような???

問題設定①

最初の角度をオール0とする。同次変換行列を作っておく。

orig_eul = [0,0,0]'
orig_tr = rpy2tr(orig_eul')

omegaを適当に定め,10ms積分するとする。

omega = [0.1,0.2,0.3];
dt = 0.01;

微小回転行列の作成

cross productを計算するskewという関数を用いて簡単に作成可能。

R1=skew(omega*dt)+eye(3)
TR1 =r2t(R1)*orig_tr

TR1 =

    1.0000   -0.0030    0.0020         0
    0.0030    1.0000   -0.0010         0
   -0.0020    0.0010    1.0000         0
         0         0         0    1.0000

クォータニオンの計算

回転操作などをクォータニオンに変換すればよいが,新しく落としたToolbox:10.3.1はクォータニオンにまつわる変換がいくつか取り去られていた。 しょうがないので自分で書いた。

orig_q = eul2quat_self(orig_eul)
P2q = integratequat(orig_q,omega*dt)
TR2 = rpy2tr(quat2eul_self(P2q))

TR2 =

    1.0000   -0.0030    0.0020         0
    0.0030    1.0000   -0.0010         0
   -0.0020    0.0010    1.0000         0
         0         0         0    1.0000

問題設定②

最初の角度を適当に決める。ロールピッチヨーのオイラー角を適当に決める。うん。後でやります。

orig_eul = rand(3,1)

orig_eul =

    0.9134
    0.6324
    0.0975
TR1 =

    0.8014    0.4054    0.4398         0
    0.0816    0.6543   -0.7518         0
   -0.5926    0.6384    0.4913         0
         0         0         0    1.0000
TR2 =

    0.8014    0.4054    0.4398         0
    0.0816    0.6543   -0.7518         0
   -0.5926    0.6384    0.4913         0
         0         0         0    1.0000

結果がほぼ同じになるのは違和感がある。前者は1次近似で後者は変換部を除けば理想的な計算結果になると思っていたので。 誤差は1e-5のオーダ。

 TR1-TR2
 =

   1.0e-05 *

    0.7539   -0.0609    0.1604         0
    0.1528    0.0783   -0.5804         0
   -0.0849    0.0234    0.3760         0
         0         0         0         0

自前関数

こちらの記述を大部分引用。

参考文献

あとで♡

MATLAB symbolic mathを使って煩雑な手計算を自動化する

座標変換などで手計算をあまりしたくないのでsymsをうまく使ってこれを回避する方法をメモします。

Image Jacobianの導出

カメラの座標系から見て位置(X,Y,Z)にある物体を考えます。焦点距離fとすると,以下の関係が成り立ちます[1]。

f:id:ossyaritoori:20190712145950p:plain
カメラの撮像幾何[1]

カメラが6軸の速度・加速度を持つときに画像内の点がどのように動くのか,その関係性を表す行列を導出します。

f:id:ossyaritoori:20190712150807p:plain
何故かうさぎをアクチュエータに使うPeter先生。かわいい。

時間変化する変数を定義

時間tに関する関数として位置の各変数を定義できます。[2]の橋本先生の論文を例にとって見てみましょう。

f:id:ossyaritoori:20190712151433p:plain
ピンホールカメラモデルによる撮像の式(ただしf=1として省略)

syms t X(t) Y(t) Z(t) 
image_p = [X(t); Y(t)]/Z(t)

計算結果:

image_p =
 
 (X(t))/Z(t)
 (Y(t))/Z(t)

時間で偏微分

tで偏微分します。

f:id:ossyaritoori:20190712151618p:plain
商の微分

diff_p = diff(image_p,t)

こうなります。

diff_p =
 
 diff(X(t), t)/Z(t) - (X(t)*diff(Z(t), t))/Z(t)^2
 diff(Y(t), t)/Z(t) - (Y(t)*diff(Z(t), t))/Z(t)^2

特定の数式の代入による式整理

先程の式のXdotなどをvxに変換していくために以下の数式を代入します。

f:id:ossyaritoori:20190712151743p:plain
pdot=-v+w×p から計算

subs(対象式, 代入対象, 代入する式)という構文を用いて代入。 diff(X(t), t)という式を消していきます。

syms vx vy vz wx wy wz

before={diff(X(t), t),diff(Y(t), t),diff(Z(t), t)};
after = { -vx-wy*Z(t)+wz*Y(t), -vy-wz*X(t)+wx*Z(t), -vz-wx*Y(t)+wy*X(t)};

diff_p_XYZ = subs(diff_p,before,after)

結果,以下のようになります。

 (X(t)*(vz - wy*X(t) + wx*Y(t)))/Z(t)^2 - (vx - wz*Y(t) + wy*Z(t))/Z(t)
 (Y(t)*(vz - wy*X(t) + wx*Y(t)))/Z(t)^2 - (vy + wz*X(t) - wx*Z(t))/Z(t)

小手先の代入テク

ただ,元の式展開では,[x,y]=[X/Z,Y/Z] の関係を用いてX,Yの変数を消去しています。これもsubsで計算可能です。

syms x y

before={X(t), Y(t)};
after = { x*Z(t), y*Z(t) };

diff_p_xy = subs(diff_p_XYZ ,before,after)
 (x*(vz - wy*x*Z(t) + wx*y*Z(t)))/Z(t) - (vx + wy*Z(t) - wz*y*Z(t))/Z(t)
 (y*(vz - wy*x*Z(t) + wx*y*Z(t)))/Z(t) - (vy - wx*Z(t) + wz*x*Z(t))/Z(t)

上では明らかにZで約分できるにもかかわらず約分されていないのが気になります。 小手先テクですがsimplify関数を適用することで整理が可能です。

diff_p_xy = simplify(subs(diff_p_XYZ ,before,after))
 
diff_p_xy =
 
wz*y - vx/Z(t) - wy - wy*x^2 + (vz*x)/Z(t) + wx*x*y
 wx - vy/Z(t) - wz*x + wx*y^2 + (vz*y)/Z(t) - wy*x*y

f:id:ossyaritoori:20190712153325p:plain
展開結果

多項式から 行列形式への変形

最終的には画像内の点の動きd[u,v]/dtとカメラの動きの対応を以下のように行列形式で扱います。その時の変換行列が画像ヤコビ行列というやつです。

f:id:ossyaritoori:20190712153526p:plain
画像ヤコビ行列

先程求めたのは多項式ですので,equationToMatrixという関数を使います。

% 便宜上の数式変換なのでぶっちゃけ右辺は何でも良い
eqns = [diff_p_xy == [0;0]];

% 抜き出す変数
vars = [vx vy vz wx wy wz];

% 係数行列(ヤコビ行列の抽出)
J = equationsToMatrix(eqns,vars)

結果がこちら。計算ミスなく簡単に導出できますね。

J =
 
[ -1/Z(t),       0, x/Z(t),     x*y, - x^2 - 1,  y]
[       0, -1/Z(t), y/Z(t), y^2 + 1,      -x*y, -x]

まとめ

このように式をこねくり回すのもMATLABに任せれば良いと言いたいところですが,結局計算ミスの代わりにプログラムのデバッグが必要になります。 特に添字などの間違いは見逃しやすいのでうまいこと定義した数式を見やすくするなどしてデバッグのコストを下げたいところです。

symbolicを直接latexに変換するといったプラグインも開発されてたりするそうなのでうまいこと活用して楽ができればいいですね。

prettyコマンドの活用

数式を少し見やすくするためのコマンドが一応用意されています。

これ本当に見やすいかな???

>> pretty(diff_p)
/  d              d      \
| -- X(t)   X(t) -- Z(t) |
| dt             dt      |
| ------- - ------------ |
|   Z(t)            2    |
|               Z(t)     |
|                        |
|  d              d      |
| -- Y(t)   Y(t) -- Z(t) |
| dt             dt      |
| ------- - ------------ |
|   Z(t)            2    |
\               Z(t)     /

参考文献

[1] P.I.Corke先生のYotube解説より抜粋 url

[2] 橋本先生の「Visual Servo - IV - Feature Based Visualservo(ビジュアルサーボ:特徴ベースビジュアルサーボ)」より抜粋

2019年版Overleaf v2 日本語Tex環境テンプレ

環境概要

以前OverleafとSharelatexの紹介などをしたが,いつの間にか統合されてOverleaf v2になっているようだ。 オンライン環境がある場合余分にソフトを起動しなくて済むため比較的使用感は良かった(TexLive2017あたりが入っている?)。

  • 日本語環境構築
  • Github連携

日本語環境の構築

最初にやることは, - Menuを開いてデフォルトのTexコンパイラを”Latex”へと変更

具体的な画面の状況や操作などはここの記事にある。

ファイル構造

文章は最初から作成してあるmain.texを編集していく。

最低限のものを詰め込むと以下のようなファイル構成になると思う。

.
├ fig/ (図とか)
├ latexmk(コンパイル設定)
├ main.tex (本文)
├ preamble.tex (プリアンブル)

ディレクトリ構造のトの字ってどうやって出すんだ?

latexmkの作成

latemxmkでコンパイルの方法を設定する。

$latex = 'platex';
$bibtex = 'pbibtex';
$dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
$makeindex = 'mendex %O -o %D %S';
$pdf_mode = 3; 

preamble.texの作成

これはお好みで良い。自分用のものを以下に記す。

\usepackage[dvipdfmx]{color,graphicx}
\usepackage{ascmac}
\usepackage{amsmath,amssymb}
\usepackage{epsf}
\usepackage{float}

\newcommand{\bm}[1]{\mbox{\boldmath $#1$}}
\newcommand{\eq}[1]{Eq.(\ref{eq:#1})}
\newcommand{\zu}[1]{図\ref{fig:#1}}
\newcommand{\shiki}[1]{(\ref{eq:#1})}
\newcommand{\fig}[1]{Fig.\ \ref{fig:#1}}
\newcommand{\grp}[1]{Fig.\ \ref{grp:#1}}
\newcommand{\tab}[1]{Table\ \ref{tab:#1}}
\newcommand{\defeq}{:=}

\newcommand{\mr}[1]{\mathrm{#1}}%rm体
\newcommand{\ml}[1]{\mathcal{#1}}%frac体
\newcommand{\bmat}[1]{\begin{bmatrix} #1 \end{bmatrix}}%行列簡略化
\newcommand{\pmat}[1]{\begin{pmatrix} #1 \end{pmatrix}}%行列簡略化
\newcommand{\mat}[1]{\left( \begin{matrix} #1 \end{matrix} \right)}%行列簡略化
\newcommand{\expo}[1]{ \mathrm{e}^{#1} }

本文の設定

使う論文のテンプレ次第でいかようにもなるが,先程のpreambleをinputで読み込ませるとスマートな見た目になる。 余白の調整はgeometryパッケージを使うと良い。

\documentclass[10pt,a4paper,oneside,twocolumn,fleqn,dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage[utf8]{inputenc}
\input{preamble.tex}

\usepackage{geometry}
\geometry{left=25mm,right=25mm,top=25mm,bottom=25mm}

%本文
\begin{document}

\twocolumn[
    \begin{flushright} 
        右上枠
    \end{flushright}
    \centering{
        \LARGE{タイトル}
    }
    \section*{
        \centering{Abstract}
    }
    \raggedright{
    Write abstract here.
    }
    \vspace{2ex}
]

\section{Background}

%参考文献
\small
\bibliographystyle{IEEEtran}
\bibliography{ref} %ref.bibを準備
\normalsize

\end{document}

機能活用

キーボードショートカット

コピペなどに関しては基本的なDOS用のコマンドがいくつか使える。 他にはコメントアウトのトグルであるCtrl+/などが有用である。

以下の画像にまとめてある。Macではない機能もあるらしいが使ったことはないしまぁ問題ないかも。

https://writelatex.s3.amazonaws.com/published_ver/8700.jpeg?X-Amz-Expires=14400&X-Amz-Date=20190709T235828Z&X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256&X-Amz-Credential=AKIAJG3IX4TWNSPTZRXA/20190709/us-east-1/s3/aws4_request&X-Amz-SignedHeaders=host&X-Amz-Signature=be401d93f84e0146e8e8f5a5771c048a8117b469cb57c4b0f7515a66379df6c4

Github等連携

GithubDropbox等と連携することで管理がしやすくなる。 月額なんと15ドル!ちょっと高いのでやらない()

その他便利環境に関してはこの記事によくまとまっている。

ASUS Zenbook Pro UX550VD の分解清掃を試みた話

結論から申し上げるとネジの箇所を把握しきれず完全分解には至りませんでした。 失敗記事なのですがそもそも本機体の分解に関する記事がネット上にないので情報共有のために残しておくことにします。

何がおきたのか

15ヶ月該当商品を使っていましたが,最近ファンの音が大きく感じるようになりました。

ぼちぼち掃除が必要だなと感じたので分解清掃を試してみます。

該当商品について

2017年に発売開始されたZenbookのフラグシップ機です。

特徴として,大きく重い(15.6インチ 2.4kg)代わりに,Geforce GTX 1050を積んでRAMが16Gがある本格仕様になっております。 一年前に買った時の感想などが載っていますね。

ossyaritoori.hatenablog.com

以下はCorei5版ですが今はかなり安く売られているようです。

1年間使ってみて

良かった点として

  • 性能で困ることはあまりなかった
  • 電池のもちも結構良い

欠点として - とにかく重い - トラックパッドが少し使いにくい(当人の慣れかも)

稀にマウス操作がカクつくなどの現象が置きましたが,ハード由来かソフト由来か不明なので不問とします。

必要なもの

トルクスネジという星型のネジを使っているので普通のドライバーでは開けません。 六角が入らない! 形の違う「トルクス」というねじ - cyclist

型としては

  • T5ドライバー

を探しましょう。

私は以下のものを買いました。

分解工程

裏面のネジを取る

SSD換装動画ですが以下の動画が参考になります。

www.youtube.com

この際,おすすめなのが両面テープやガムテープを用いてネジの元の位置を保存しておくことです。 本機体は全てのネジが同じ形式っぽかったので問題なかったですが,別のPCだとネジの長さが違ったりするのでとても重要な作業です。

ゴム足の下にもある?

動画にはありませんでしたが分解した所,裏面を上手く外せませんでした。

機種依存ですが今回チャレンジした感じ的にはゴム足の下にもネジがあるように感じました。 www.zoa.co.jp

絶対汚くなるので修理に出すかどうか迷っています。

なお,ASUSに問い合わせた所送料抜きで11000円もの見積もりを出されたのでケチな私てきには自分で直したいところ…

裏面を剥がす

裏面を剥がすのですがこれは力押しでやると曲がったりすることがあるので,樹脂製の薄いピックなどを隙間に入れて徐々に開けるのが良いです。

なお,今回試してみたらそこまでたどり着かなかったんですけどね…

足立先生の「カルマンフィルタの基礎」の誤植について~MATLABを用いた代数リカッチ方程式の求解~

誤植はどの本にもあることです。 なお,手元にあるのは第4版です。

カルマンフィルタの基礎

カルマンフィルタの基礎

線形カルマンフィルタの終端値とリカッチ方程式

線形カルマンフィルタの事前推定の共分散をPとします。 十分時間が経って定常値となる時のカルマンゲインは


K = B^\top A^{-1} =  P C^\top (C PC^\top + R)^{-1}

この時,終端値において次の式が成り立ちます。


P = A(I-KC)PA^\top + Q

もっと長く書くとこう。


P = A(I-P C^\top (C PC^\top + R)C)^{-1} PA^\top + Q

展開すると


APA^\top -A - AP C^\top (C PC^\top + R)^{-1}CPA^\top + Q=0

となり,これは代数リッカチ方程式(DARE)となります。

MATLABで解けます。

jp.mathworks.com

MATLABでリカッチ方程式を解く解法

Referenceによると,

f:id:ossyaritoori:20190522013718p:plain

だそうです。

従って,

[P,L,G]=dare(A',C',Q,R)

と実行することで解を得られます。

誤植箇所

p149 演習6-2の解答

解答ではPの最終値が1+√3としていますが,

[P,L,G]=dare(1',1',4,1)

を計算すると,2(1+√2)=4.8前後が正解の値になるはずです。 なお,スカラなので手計算でリカッチ方程式を解いても同様の値になります。

ドヤ顔で書いてますが間違ってたらすみません。

jupyter notebookのセル出力を横にしたら結構良かった

2019年5月現在,jupyter 4.4.0 にて動作確認。

notebookのセル出力を横にしたい

notebookはhtmlで編集できるらしいので以下のようにセル出力を横にできます。 幅も広くとれて使い勝手良さそう。

f:id:ossyaritoori:20190505230104p:plain
図がでかいとちょっと無駄感もあるかもしれない…

設定方法

ここの議論を参考にしました。

以下のコードをセルで実行するだけ。

%%html
<style>
#notebook-container {
    width: 90%;
    background-color: #EEE
}

.code_cell {
   flex-direction: row !important;
}

.code_cell .output_wrapper {
    width: 50%;
    background-color: #FFF
}

.code_cell .input {
    width: 50%;
    background-color: #FFF
}
</style>

用途によって左右の比を変えてもいいかと。

なお,Githubのページでは普段どおりに写ります。

f:id:ossyaritoori:20190506205801p:plain
Githubでは普通にうつる