粗大メモ置き場

個人用,たまーに来訪者を意識する雑記メモ

Windows上でTensorflowの環境構築(Anaconda使用)

むかぁしTensorflowをUbuntuに入れてたことが合ったのですが引っ越しの際に全て消し飛ばしてしまったのでしばらく放置していました。
気がついたらWindowsでもTensorflowを出来るということなのでやってみました。

Anaconda で Python環境構築

これは既にやっているものとします。
ossyaritoori.hatenablog.com

そういやTwitterでJupyterを使おうと言われたので使用感を試しているところです。

Anaconda でTensorflowの環境構築(CPU版)

Anacondaって使う環境を分けることが出来るんですね。
上手く言えないけど開発毎にパッケージ群を分離して選択できるというかなんというか。

環境の構築

んで,今回は「tf35」と名前をつけた環境を作ります。

以下のように打ってください。

conda create -n tf35 python=3.5

これでtf35という名前の独立した環境が立ち上がります。

Anacondaを介してインストールする際の罠として「TensorflowはPython3.5しかサポートしていない」というのがあります。

Anacondaで最新版をインストールすると3.6系になるので私はこれでハマりました。
「No matching distribution found for tensorflow」ってエラーを見かけたらこれかもって思ってください。

したがって,後ろについている「python=3.5」とすることによってこの環境は3.5系を基準に動かすことが出来るようにセットアップされます。

アクティベーション

作った「tf35」という環境をactivateするには

activate tf35

終了する際には

deactivate

としてください。

Tensorflowのダウンロード

以下の公式?の通りにコマンドを打って最新版を手に入れてください(2017/5/25現在)
Installing TensorFlow on Windows  |  TensorFlow

pip install --ignore-installed --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/windows/cpu/tensorflow-1.1.0-cp35-cp35m-win_amd64.whl

アクティベーション結果のチェック

正直変なエラー出たら全部消してやり直すかStackflowみてください。

 import tensorflow as tf
 hello = tf.constant('Hello, TensorFlow!')
 sess = tf.Session()
 print(sess.run(hello))

これで何もエラーが出なかったらOKです。
もう一度付けるときはくれぐれもactivateを忘れずに。

そういやTensorflowの英語版の教科書もあったんですね。
誰か勝手送ってくれ~(お金ない)

Learning Tensorflow: A Guide to Building Deep Learning Systems

Learning Tensorflow: A Guide to Building Deep Learning Systems


次は仮想環境上でのエディタ環境について。